育休中に2人目妊娠!育児休業給付金はもらえる?実体験をお話しします。

育休中に2人目を妊娠した場合、育児休業給付金はもらえるの?

という疑問を解決できる内容になっています。

育休中に2人目の妊娠がわかったらうれしい反面、気になるのはお金のことですよね。

育児休業給付金はもらえるのかは生活にかなり重要なところ。

この記事では育休中に2人目を妊娠した場合に給付金がもらえる条件や金額などをまとめています。

私の実体験もご紹介!
おり

こんな人に読んでほしい

  • 育休中に妊娠が分かった方
  • これから2人目を考えている方
  • 育児休業給付金の制度について詳しく知りたい方
  • 仕事復帰するか悩んでいる方

給付金がもらえるかもらえないかはかなり大きな問題ですよね。

この記事を読んで、少しでも育休中のお金の不安をなくしましょう。

一度も復帰しなくても2人目の育児休業給付金はもらえる?

結論から言うと、一度も仕事復帰しなくても2人目の育児休業給付金を受け取ることは可能です。

まずは、育児休業給付金の支給条件についてみてみましょう。

1歳(一定の場合は1歳2か月。さらに保育所等における保育の実施が行われないなどの場合は1歳6か月又は2歳。7頁、8頁参照。)に満たない子を養育するために育児休業を取得する被保険者の方で、育児休業開始日前2年間に、賃金支払基礎日数が11日以上ある完全月(過去に基本手当の受給資格や高年齢受給資格の決定を受けたことのある方については、基本手当の受給資格決定や高年齢受給資格決定を受けた後のものに限ります。)が12か月以上ある方が対象となります。

(注1) 支給対象者は男女を問いません。
被保険者とは、一般被保険者及び高年齢被保険者をいいます。以下、このリーフレットにおいて同じです。
(注2) 育児休業開始日前2年間に疾病・負傷等の理由により引き続き30日以上賃金の支払いを受けることができなかった方については、これらの理由により賃金の支払いを受けることができなかった日数をこの期間に加えた日数(最大4年)となります。

※ 同一の子についての2度目以降の育児休業は、原則として支給の対象となりません。

(引用:ハローワークインターネットサービス掲載の育休業給付についてより)

育休取得前の2年間に1ヶ月のうち11日以上働いた月が12ヶ月以上あれば育児休業給付金の支給対象になるということですね。

じゃあ育休中に2人目を妊娠した場合はまったく働いてないけど、どうなるの?
大丈夫!支給条件の緩和があるよ
おり

上記の(注2)に記載のように育休開始日前の2年間に疾病・負傷などで働けなかった期間がある場合は最大4年までさかのぼって判断してもらえます。

1人目の育休もこの条件に該当するため、2人目の育休開始前4年間のうちに12ヶ月以上働いた月があれば育児休業給付金を受け取ることが可能ですよ。

じゃあ3人目も続けて産めば、仕事復帰しなくてもずっと給付金をもらえるんじゃ…
残念ながら、そんなに甘くはありません。
おり

さかのぼれる期間は最大4年なので、よほど短い期間で出産しない限り3人目も仕事復帰せずに給付金をもらうことは難しそうです。

私の職場にも3人目で一度仕事を復帰して再度育休に入る先輩がいました
おり

3人目は難しいですが、2人目までは一度も仕事復帰しなくても、給付金がもらえるのはありがたいですね。

一度仕事復帰するよりも給付金の方が多くもらえることもある

実は一仕事復帰する場合よりも1人目から連続して2人目の育休を取った方が育児休業給付金の方が金額が多くもらえることがあります。

え、どういうこと?
それは育児休業給付金の支給額の計算方法が関係してるの
おり

育児休業給付金の支給額の計算方法は

育児休業給付金の支給額は、支給対象期間(1か月)当たり、原則として休業開始時賃金日額×支給日数の67%(育児休業の開始から6か月経過後は50%)相当額となっています。

  1. 「支給日数」とは、

    (1) (2)以外の支給対象期間については30日、

    (2) 休業終了日の属する支給対象期間については、当該支給対象期間の日数です。

  2. 「賃金日額」は、事業主の提出する「休業開始時賃金月額証明書(票)」によって、原則育児休業開始前6か月の賃金を180で除した額です。

(引用:ハローワークインターネットサービス掲載の育児休業給付についてより)

育児休業給付金の支給額は育休前6か月の給料の平均をもとに決められます。

もし一度、仕事復帰しようとすると1人目がまだ小さいため、時短勤務で働いたりしますよね?

そうすると給料は減ってしまいます。

給料が減ると休業開始賃金日額も同じく減ってしまうため、1人目に比べて2人目の給付金が少なくなります。

こればっかりはどうにもなりませんが、これから2人目を考えている方は参考にしてもいいかもしれませんね。

続けて育休を取得しても給付金が同じとは限らない

1人目の育休から一度も仕事復帰しないで2人目の育休に入る場合、給付金の支給額のもとになる育休開始前6か月は1人目とまったく同じ期間となります。

そのため基本的に育児休業給付金も同じ額が支給されますが、場合によっては金額が異なることもあります。

おり
私の場合、1人目よりも2人目の方が月2,000円だけ少なくなっていました。

ここからは私の推測となります。

私の働いていた会社では産休期間は有給扱いとなるため、給料が支払われていました。

そのため給料が出ていた休業前6か月に産休期間が含まれていたため、1人目と2人目で給付金額が異なっていると思われます。

具体的な期間をまとめると

  • 1人目育休:平成29年11月スタート

(休業前6か月:平成29年5月〜10月まで)

  • 2人目育休:令和元年12月スタート

(休業前6か月:平成29年8月から10月まで&令和元年9月〜11月まで)

休業前6か月が1人目と2人目では3ヶ月ずれているので、これが給付金の差につながったと推測されます。

産休中に給料が出ない会社であれば、給付金は1人目と同額が支払われるかもしれませんね。

不安な方はハローワークに問い合わせてみましょう。

育休中でもボーナスがもらえました!

産休中に給料が出る会社であれば、育休中でもボーナスが出る可能性があります。

ちなみに私の会社では育休中でもボーナスが支払われました。

その分、仕事復帰後のボーナスはないようです。泣
おり

育休中にボーナスが支払われるかは会社の就業規則によります。

気になる方は会社の就業規則を確認もしくは、総務に問い合わせてみてください。

育休中のボーナスについてはこちらの記事にまとめてあります。

関連記事育休中でも賞与(ボーナス)はもらえるの?支給条件や実際の金額を大公開!

私の育休期間ともらったお金

私が1人目と2人目で取得した産休・育休期間と、実際に受け取ったお金についてまとめました。

給付金の金額は少し変えてあります。

前提条件

  • フルタイムの会社員
  • 産休中は有給扱いとなり、給料が支払われた
  • 1人目は保育園に入れなかったため。2歳まで育休の延長を申請

<育休期間と給付金>

  1人目 2人目
産休期間 2017年9月〜11月まで 2019年9月〜11月まで
育休期間 2017年12月〜2019年8月まで 2019年12月〜現在まで
育児休業給付金(180日目まで) 約202,000円 約201,000円
育児休業給付金(180日目以降) 約151,000円 約150,000円

1人目の産休に入ってから2人目の育休中となる現在までの約3年の間、一度もお金が途切れることはありませんでした。

本当にありがたい…
おり

育休中に2人目妊娠!育児休業給付金はもらえる?まとめ

育休中に2人目を妊娠しても、一度も仕事復帰することなく給付金が受け取れるのはとてもありがたいですよね。

 

最後にもう一度、記事の内容を確認しておきましょう。

育休中に妊娠した場合の給付金まとめ

  • 育休中に妊娠しても育児休業給付金はもらえる
  • 一度、仕事復帰する必要はなし
  • 3人目以降は一度復帰しなければ、給付金はもらえない
  • 1人目と2人目では給付金額が異なる場合もある
  • 会社によっては育休中でもボーナスがもらえる

 

育休中は給付金がもらえるとはいえ、働いていた頃に比べると収入は減ります。

少しでもお金にゆとりを持ちたい方は副業をはじめるのがおすすめですよ!

 

育休中の副業についてはこちらの記事にまとめてあるので、気になる方は読んでみてください。

関連記事産休・育休中に副業したい!副業が会社にバレない方法まとめ

関連記事【注意】育休中に副業しても育児休業給付金はもらえる?もらうための条件を確認しておこう。

人気記事【2020年最新】産休・育休中におすすめ!会社にバレにくい副業&在宅ワーク12選!スキマ時間で稼ぐ!

-産休・育休

Copyright© mumulog , 2020 All Rights Reserved.