【体験談あり】子供のハミガキには30秒カウントが効果的

お子さんはハミガキさせてくれますか?

我が家の2歳の娘はずっとハミガキが嫌いで、YouTubeを見ながらじゃないと磨かせてくれませんでした・・・が

今回はそんな娘がYouTubeがなくてもハミガキさせてくれるようになった方法をご紹介したいと思います。

子供のハミガキには30秒カウントが効果的

まずは簡単に流れを説明します。

  1. 「ハミガキの時間だよ」と声をかけ、歯ブラシを渡す。
  2. 少しでも自分で磨かせる。
  3. 「仕上げ磨きするよ」といつものハミガキ姿勢へ
  4. 「30秒数えたら終わりだからね」とさっと一周歯を磨く
  5. いよいよ30秒数えながらしっかり磨く。
  6. 終わったらめちゃくちゃ褒める!

ポイントは数えるスピードです!

人間誰でもそうだと思いますが、ゴールが見えてくれば嫌なことでもなんとか乗り越えられますよね。子供も同じで30秒数えたら終わりだと思うと意外と大人しく磨かせてくれます。

30秒で終わらせられるように数えるスピードを調節しながら磨いてあげてください。

そしてちゃんと磨けたらめちゃくちゃ褒めてあげてください。

褒めるってとっても大切です!!

我が家では膝に頭をのせた姿勢でハミガキしているのですが、「寝る前に何の本読む?今日、保育園どうだった?」など会話をして意識をそらせながら寝転がらせるとスムーズにやれました。

我が家の娘もこの30秒カウント法ではじめの頃は「YouTube見る!」と言ってきたこともありましたが、YouTube準備するからねとごまかしながらこの方法でハミガキをして、終わったら「すごいじゃん。よくがんばったね」と褒めるのを毎日くりかえしました。するとまだ少し嫌がるときもたまにありますが、3日くらいたった頃にはYouTubeを見なくてもハミガキさせてくれるようになりました。

そして入眠儀式がYouTubeから絵本を読むことになり、ママとしてもほっとしてます。

毎日100%磨かなくても大丈夫

先日、市の2歳児歯科検診を受けたときにプラークチェッカー?(歯をピンク色に染めて磨き残しをチェックするやつ)をやってもらいました。

上の歯がほとんどピンク色に・・・汗

上の歯を磨くのを嫌がるのでなかなかしっかり磨けないことを相談すると、『毎日しっかりすべての歯を磨かなくても大丈夫。2、3日に1回上の歯も下の歯もしっかり磨ければいいですよ』っと歯科衛生士さんに教えていただきました。

虫歯にしてはいけないと思い毎日必死でハミガキをしていましたが、プロの方にこう言ってもらえて少し歯磨きに対して気持ちが軽くなったかなと思います。

まとめ

子供がハミガキを嫌がるのは『ハミガキをするママやパパの顔が怖い』というのも理由の1つみたいです。

たしかにハミガキしなきゃってどうしても必死な顔になりますよね(笑)

疲れて笑えないこともありますが、笑顔で子供と接することを意識して毎日楽しく過ごしていきたいと思います。

この方法が少しでも同じことで悩むママとパパのお役にたてたらうれしです。

-子育て

Copyright© mumulog , 2020 All Rights Reserved.