出産したら医療費控除を申請しよう。確定申告すればお金が戻ってくる!

  • 医療費控除って何?
  • 出産費用は医療費控除の対象なの?
  • 確定申告って難しそう

といった疑問に答える内容となっています。

妊娠から出産まで助成があっても結構お金がかかりますよね。

私は無痛分娩だったこともあり、妊娠から出産の医療費が約28万もかかっていました…
おり

実は出産などで医療費をたくさん支払った場合、申請すれば税金が戻ってくる可能性があります。

この記事では医療費控除の対象になる出産費用や医療費控除の申請方法などについてまとめました。

こんな人に読んでほしい

  • これから出産を控えるプレママ
  • 5年以内に出産したママ
  • 育休中の節税について知りたい方

我が家が医療費控除をして実際に戻ってきた金額についても大公開しちゃいます!

医療費控除とは?

医療費控除とは、1月1日から12月31日までの1年間に生計を同じくする家族が支払った医療費がある一定額を超えると、所得税や住民税の還付や減額が受けられる制度です。

つまり家族全員の医療費が1年間で一定額を超えた場合に、払った税金の一部がが戻ってくるということです。

医療費控除の対象金額の計算

医療費控除の対象になる医療費金額を調べる計算式は以下の通りです。

 医療費控除の金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。
 (実際に支払った医療費の合計額-(1)の金額)-(2)の金額

  1. (1) 保険金などで補てんされる金額

(例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など

(注) 保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。

  1. (2) 10万円

(注) その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額

引用:国税庁公式ホームページより

実際に支払った医療費から保険金や出産一時金などを引いた金額が10万円を超えるようであれば、医療費控除の申請をした方がいいと覚えておきましょう。

医療費が1年で10万を超えるなんてよっぽどない
実は出産費用も医療費控除の対象になるよ!
おり

出産費用も医療費控除に含まれる

医療費控除の対象になる妊娠・出産に関する費用の例は以下の通りです。

  • 妊婦健診費
  • 分娩費(無痛分娩も含まれる)
  • 入院費
  • 薬代
  • 入院中に病院が用意した食事代
  • 赤ちゃんの入院費
  • 出産など緊急時のタクシー代
  • 通院・入退院時の電車やバスの交通費
  • 産後1ヶ月検診
  • 母乳外来(治療を目的とする場合)

電車やバスの交通費は明細がもらえない場合もあるので、利用日や運賃などしっかり記録しておきましょう。

妊娠・出産にかかった費用のうち、医療費控除の対象とならないものもあります。

医療費控除の対象とならない費用

  • 妊娠検査薬代
  • 車で通院した場合のガソリン代
  • 入院中の差額ベッド代
  • 里帰り出産の交通費
  • 入院中のパジャマなど日用品代
  • 入院中に自分で用意した食事代

私の場合、出産一時金を引いて実際に支払った医療費は約28万円。

ここから10万円を引いた約18万円が医療費控除の対象金額となりました。

医療費控除は年末調整では受けられない

医療費控除は年末調整で受けることができません。

そのため会社員が医療費控除を受けるには、年末調整とは別に確定申告をする必要があるんです。

医療費控除の申請は夫婦のうち、所得が高い方(所得税を多く払っている方)で確定申告すると還付額が多くなります。

特に育休中は収入が0の方も多いと思うので、旦那さんの方で申請するのがおすすめですよ。

確定申告に必要なもの

  • 源泉徴収票
  • 医療費がわかる領収書または明細書
  • 身分証明書
  • 印鑑

確定申告の方法

  • 税務署で税理士さんと相談しながら申告書を作成する
  • 国税庁ホームページで申告書を作成し、税務署へ郵送する
  • e-taxでスマホやパソコンで申告書の作成から申告まですべてネットでする

マイナンバーカードを持っている方は「e-tax」を使えば、インターネット上ですべて完結できるようです。

私はマイナンバーカードを持っていなかったので、自宅で作成し税務署へ郵送しました
おり

申告書の作成は国税庁の確定申告書等作成コーナーで作成することができます。

源泉徴収票や医療費の明細書を見ながら入力するだけだったので、30分くらいで簡単に作成できましたよ。

医療費控除は自分から申請しないと還付を受けることはできません。

確定申告はいざやってみるとそこまで難しいものではないので、必ず申請するようにしましょう。

医療費控除はいつまでに申告すればいいの?

医療費控除の申請を忘れてた!

産後は育児でバタバタしていて医療費控除の申請がすぐできなかったという方も多いですよね。

安心してください!
おり

医療費控除は還付型の控除のため、一般的な確定申告の期間(2月16日から3月16日まで)とは申請期間が異なります。

医療費控除の場合、医療費のかかった年の翌年1月1日から5年以内であれば申請が可能です。

出産後すぐに申請しなくても問題はありませんが、忘れないうちにやっておきましょう。

実際にいくら戻ってきたのか公開!

還付額は所得額やふるさと納税などの医療費控除以外の控除をいくら受けているかによって金額が異なります。

参考までに我が家はいくら戻ってきたのかをご紹介します。

まずは我が家の前提条件ですが、

前程条件

  • 旦那さんの方で申請
  • 課税対象所得:約600万円
  • 医療費控除対象額:約18万円
  • ふるさと納税:上限まで
  • 生命保険料控除:あり

この条件で医療費控除の申請をしたところ、還付として約14,000円ほど税金が戻ってきました。

あくまで我が家の場合なので、参考にする程度にしてくださいね。

国税庁の確定申告書等作成コーナーで確定申告書を作成すると、還付される金額の目安を自動で計算してくれますよ!

まとめ

医療費控除を申請することで、税金の還付を受けることができます。

控除を受けるには自分で申請しなくてはならないので、医療費の明細書など必要書類を捨てずにキチンと残しておくことが大切です、

 

最後に記事の内容についてもう一度確認しておきましょう。

出産準備費用を医療費控除で申請

  • 出産費用は医療費控除の対象となる
  • 妊娠検査薬代などは対象外
  • 医療費控除の申請は確定申告が必要
  • 自分から申請しなければ還付は受けられない
  • 医療費の申請期限は支払った翌年から5年以内
  • 還付額はふるさと納税など他の控除の有無で変わる

 

確定申告は少し手間ですが、申請すればお金が戻ってくるかもしれないので節税のために忘れずやっておきましょう。

-産休・育休

Copyright© mumulog , 2020 All Rights Reserved.