赤ちゃん連れ旅行で絶対必要な持ち物は?2児のママが紹介します!

  • 赤ちゃん連れの旅行で必要な持ち物が知りたい
  • 荷物を減らす方法が知りたい

こんな悩みに答える内容となっています。

初めての赤ちゃん連れの旅行はどんなものを持っていけばいいのか迷ってしまいますよね。

心配で必要ないものまであれやこれやと持っていってしまい、大荷物になってしまうことも…

この記事では赤ちゃん連れの旅行で必要な持ち物とあると便利なもの、荷物を減らすコツをまとめました。

2児のママがご紹介します
おり

こんな人に読んでほしい

  • 初めての赤ちゃん連れ旅行で必要なものを知りたい
  • 便利グッズを使って旅行を全力で楽しみたい
  • 赤ちゃん連れ旅行で荷物を減らす方法が知りたい

赤ちゃんと一緒の旅行はママとパパ、赤ちゃんにとって最高の思い出となりますよね。

必要なものを持っていき忘れたりして旅行が台無しにならないためにも、しっかり事前に準備しておきましょう。

赤ちゃん連れ旅行で絶対に必要な持ち物

赤ちゃん連れの旅行で絶対に必要なものをまとめました。

忘れ物がないように事前にしっかりチェックしておきましょう。

  • 母子手帳・保険証
  • ミルク
  • 水筒(お湯)・湯冷まし
  • 哺乳瓶
  • おむつ
  • おしりふき
  • 着替え(宿泊日数+1枚)
  • 肌着(宿泊日数+2枚)
  • 靴下(宿泊日数+1足)
  • ベビーソープ
  • 保湿クリーム
  • 離乳食
  • 離乳食用食器・スプーン
  • エプロン
  • ブランケット
  • 除菌シート
  • ビニール袋
  • 抱っこ紐
  • ベビーカー
  • 帽子
  • カーぜハンカチ(2〜3枚)
  • タオル(宿泊日数分)
  • 歯ブラシ
  • マグ
  • 麦茶
  • おやつ
  • ポケットティッシュ

全体的に1〜2枚多めに持っていくのがおすすめです。

赤ちゃん連れの旅行であると便利なもの:食事編

赤ちゃん連れの旅行で食事の際にあると便利なものをまとめました。

あると便利なもの

  • 使い捨てエプロン
  • 離乳食用ハサミ
  • ふりかけ
  • 洗剤とスポンジ

使い捨てエプロン

家で使っているような洗って繰り返し使えるエプロンは食事のたびに洗わなくてはなりませんよね。

毎回洗うなんて旅行先ではちょっとめんどう…

そこであると便利なのが「使い捨てエプロン」です。

両面テープが首元に付いているので、落ちてくることもなく着脱も簡単です。

大きなポケットが付いているので子供がごはんをこぼしてしまってもしっかりキャッチできますよ。

防水仕様になっているので服を汚してしまう心配もありません。

使い終わったらポイっと捨てるだけなのでめちゃくちゃ簡単です
おり

キャラクター柄の使い捨てエプロンもあるので子供も嫌がらずに付けてくれますよ!

アンパンマン好きなお子さんにはこちら。

いないないばぁの使い捨てエプロンもあります。

離乳食用ハサミ

大人のごはんを子供に取り分けたりするときにあると便利なのが「離乳食用ハサミ」。

うどんやパスタなどの麺類をカットしたりするのにかなり使えます。

旅行やお出かけに持っていくなら持ち運びに便利なケース付きのものがおすすめです。

ふりかけ

あると意外と便利なのが「ふりかけ」

白ごはんが苦手。ふりかけがないとごはん食べない!

という子供って多いですよね。

旅館やホテルのごはんでふりかけがない場合があるので持参した方が確実です。

我が家の娘もふりかけがないと白ごはんが食べられなかったのですが、泊まったホテルのごはんでふりかけがなく食べさせるのに苦労した経験があります。

他の必要な物の準備でうっかり忘れてしまいがちなので、必要なママは早めにバッグに入れておきましょう。

マグを洗う洗剤・スポンジ

旅行先にもマグを持っていくという方は「マグを洗う洗剤とスポンジ」があると便利です。

ホテルや旅館の洗面台で洗えば次の日も清潔に使えます。

100均で売っている携帯ボトルに洗剤を詰め替えてジップロックにスポンジと一緒に入れておけばコンパクトに持ち運びできますよ。

我が家ではこんな感じで持ち運んでいます
おり

洗剤以外にもベビーソープを移し替えると持ち運びに便利ですよ。

ストローキャップ

子供がマグがなくてもストローでお茶が飲めるという場合は「ストローキャップ」がおすすめです。

ペットボトルに付ければすぐ子供も飲めるようになるので、マグを持っていく必要がなくなりますよ。

あると便利:体調管理編

赤ちゃん連れの旅行で体調管理にあると便利なものをまとめました。

あると便利なもの

  • 常備薬
  • 冷却シート
  • 赤ちゃん用爪切り
  • 日焼け止め

常備薬

旅行先で赤ちゃんが急に体調を崩してしまうこともあります。

土日祝日だと病院が開いてない場合もあるのでいつも使っている「常備薬」を持っていくのがおすすめです。

<持っていくと良い常備薬>

  • 解熱剤
  • 整腸剤
  • 風邪薬
  • ばんそうこう

赤ちゃんの急な体調不良に慌てないために旅行先で開いている救急病院も忘れずにチェックしておきましょう。

冷却シート

赤ちゃんの急な発熱にあると便利なのが「冷却シート」

大人用のものだと赤ちゃんにとっては冷えすぎてしまうので子供用のものを準備しておきましょう。

おでこに貼る冷却シートの他にも脇や首など体に貼るタイプの冷却シートもあるのでおでこに貼るのを嫌がるお子さんでも使えますよ。

冷却シートは夏場の暑さ対策にも使える!
おり

赤ちゃん用爪切り

赤ちゃんの爪はやわらかいので、すぐに欠けたり折れたりしがち。

旅行先でも爪のケアができるように「赤ちゃん用の爪切り」があると便利です。

日焼け止め

春先や夏場など強い日差し対策に「日焼け止め」があると安心です。

大人用の日焼け止めでは赤ちゃんの肌には強すぎてしますので必ず赤ちゃん用を準備してあげましょう。

赤ちゃん用の日焼け止めとしておすすめなのがアロベビーのUV&アウトドアミスト です。

アロベビーのUV&アウトドアミストは99%以上天然成分でできているので赤ちゃんのデリケートな肌にも安心して使うことができます。

日焼け止めには珍しいミストタイプなので動き回る赤ちゃんの全身に簡単に塗り広げられますよ。

アロベビーUV&アウトドアミストの1番の特徴は虫除け成分が入っているところ。

これ1本で日焼け対策から虫除けまでできてしまうのでママにはありがたいですよね。

お湯で洗い流せるので楽チンですよ
おり

UV&アウトドアミストを詳しくみる

赤ちゃん連れの旅行であると便利:車・新幹線・飛行機

赤ちゃん連れの旅行で車・新幹線・飛行機など移動中にあると便利なグッズをご紹介します。

あると便利なもの

  • 授乳ケープ
  • サンシェード
  • 車載ホルダー
  • チャイルドシート用保冷シート

授乳ケープ

移動中の授乳にあると便利なのが授乳ケープ。

新幹線や飛行機など授乳室がない場所でもすぐ授乳できるので1枚持っておくと便利ですよ。

授乳ケープにはエプロン型やポンチョ型など様々な種類がありますが、おすすめなのはストール型です。

ストール型の授乳ケープはコンパクトに折りたたむことができるので持ち運びが楽チン。

授乳ケープとして使用しないときは赤ちゃんのおくるみや膝掛けとしても使えるので万能ですよ。

おくるみの代わりになるから荷物が減らせる!
おり

サンシェード

車での移動中、赤ちゃんに日差しが当たるのを防ぐのにあると便利なのがサンシェード。

夏場には暑さ対策としても使えるので車でよく出かけるママは準備しておきましょう。

車載ホルダー

車での移動で赤ちゃんのぐずり防止ににスマホやタブレットで動画を見せたいですよね。

そんなときに便利なのが「車載ホルダー」です。

スマホやタブレットを挟んでヘッドレストに固定することができるので、赤ちゃんにスマホを触らせることなく動画を見せられますよ。

スマホタブレットで動画見せるときに役立つのが動画配信サービス。

さまざまな会社がありますが、赤ちゃんがいる方におすすめの動画配信サービスがHuluです。

アンパンマンやいないないばぁなど子供向けの作品が豊富なので、長距離の移動でも飽きずに楽しく過ごせますよ。

Huluは今なら2週間の無料お試しを実施中です。

旅行の日にちに合わせて申し込めば無料で使えるので気になる方はぜひ試してみてください。

Hulu無料お試しをみてみる

Hulu2週間無料お試しの詳しい申し込み方法はこちらの記事にまとめています。

関連記事【2020年最新】Huluの無料トライアルはいつまで?はじめ方から解約まで手順解説

チャイルドシート用保冷シート

夏場の車での旅行に必須なのがチャイルドシート用保冷シートです。

夏場の車内はかなり温度が上昇します。

チャイルドシートに座っている赤ちゃんは身動きが取れないので背中が汗でびっしょりになりがち。

チャイルドシート用保冷シートで赤ちゃんの暑さ対策をしてあげましょう。

カンガルー保冷・保温シートはシートの中に保冷ジェルを入れることができるのが特徴です。

保冷ジェルがゆっくり溶けていくので長時間の保冷効果が期待できます。

冬場はジェルを電子レンジで温めれば保温できるので夏と冬の両方で使えますよ。

チャイルドシートだけでなくベビーカーでも使えるので2セット用意しておくといいかもしれませんね。

赤ちゃん連れ旅行で 荷物を減らすコツ

赤ちゃん連れの旅行はどうしても荷物が多くなってしまう。

少しでも荷物を減らして身軽に旅行したいですよね。

赤ちゃん連れの旅行で荷物を減らすコツは以下の通りです。

  1. 現地調達する
  2. 赤ちゃん歓迎ホテルを予約する
  3. 荷物を送る
  4. 洗濯する
  5. 圧縮袋を使う
  6. サンプルを活用

現地調達する

旅行先にスーパーやドラッグストアがある場合は思い切って現地調達してしまいましょう。

特に持っていく量の多いおむつや離乳食は現地調達することでかなり荷物を減らすことができますよ。

赤ちゃん歓迎のホテルを予約する

最近では赤ちゃん連れの旅行に対応したホテルや旅館が数多くあります。

赤ちゃん歓迎のホテルや旅館では

  • ベビーソープやベビーベッド貸し出し
  • ミルクなど調乳用のポットあり
  • 離乳食メニューがある

などなど赤ちゃん連れにはうれしいサービスを受けることができます。

荷物も減らせるのでママにはありがたいことだらけですよね。

宿泊施設によって受けられるサービスが異なるので、予約する前に内容を確認しておきましょう。

赤ちゃん歓迎の宿泊施設を探すならミキハウスが運営する「ウェルカムベビーの宿」というサイトがおすすめです。

ミキハウスが赤ちゃん連れに優しいと認定した全国の宿を探すことができますよ。

荷物を送る

長期の旅行など荷物が多い場合は先に荷物を宿泊先に送るのもありです。

荷物を送ってしまえば、いつものお出かけと同じ荷物量で出発できるので楽チンですよ。

場所や荷物の量によっては配達料が高額になる場合もあるので、利用する場合はいくらかかるのか事前にしっかり計算しておきましょう。

洗濯する

宿泊先にコインランドリーがある場合は洗濯するのもおすすめです。

洗濯すれば家族全員分の持っていく服の枚数を減らせるのでかなりの荷物を減らすことができます。

ただ洗濯する手間が増えるので、長期間の旅行の場合にのみ使うといいかもしれませんね。

圧縮袋を使う

服の圧縮袋はよく売っていますが、おむつの圧縮袋があるのをご存じですか?

まるめて押すだけで簡単に圧縮できます。

おむつを圧縮するだけでかなりのスペースを確保できるのでかなり便利ですよ。

これはかなりおすすめなのでぜひ試してみてください!
おり

サンプルを活用する

粉ミルクやベビーソープ、保湿クリームなどボトルのままで持っていくとかさばりますよね。

別の容器にうつすのもめんどう…

そんなときは商品サンプルを持っていくと荷物も減らせて節約にもなりますよ。

粉ミルクのスティックタイプや保湿クリームなど赤ちゃんがいる家庭向けに無料でサンプルを配布している会社がたくさんあります。

おすすめなのがAmazonべビーレジストリ

AmazonベビーレジストリとはAmazonの中で欲しいベビーグッズのリストが作れる機能のことです。

条件を満たすとおむつやミルクなどのサンプルがまとめて入った「出産準備お試しBOX」実質無料でもらえるのでママはぜひチェックしてください。

Amazonであればその他の旅行に必要なグッズも安く準備できますよ。

Amazonベビーレジストリを詳しくみる

ベビーグッズのサンプルが無料でもらえる会社はこちらの記事にまとめてあります。

関連記事【2020年最新】プレママ・ママ・赤ちゃん向け!無料でもらえるサンプル&プレゼントまとめ

まとめ

赤ちゃん連れの旅行はどうしても荷物が多くなりがち。

 

忘れ物がないよう事前にきちんと準備することが大切です。

 

最後にもう一度記事の内容を確認しておきましょう。

赤ちゃん連れの旅行で必要なもの

    • 母子手帳・保険証
    • ミルク
    • 水筒(お湯)・湯冷まし
    • 哺乳瓶
    • おむつ
    • おしりふき
    • 着替え(宿泊日数+1枚)
    • 肌着(宿泊日数+2枚)
    • 靴下(宿泊日数+1足)
    • ベビーソープ
    • 保湿クリーム
    • 離乳食
    • 離乳食用食器・スプーン
    • エプロン
    • ブランケット
    • 除菌シート
    • ビニール袋
    • 抱っこ紐
    • ベビーカー
    • 帽子
    • カーぜハンカチ(2〜3枚)
    • タオル(宿泊日数分)
    • 歯ブラシ
    • マグ
    • 麦茶
    • おやつ
    • ポケットティッシュ

 

必要なものだけでもかなりの荷物になりますよね。

 

現地調達するなど荷物を減らすコツを活用して楽しい旅行にしてください!

-子育て

Copyright© mumulog , 2020 All Rights Reserved.